メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法案

鴻池委員長「これは『強行採決』ではない」 

参院平和安全法制特別委員会の委員会室で鴻池祥肇委員長(左端)を取り囲み抗議する野党議員ら。鴻池委員長の右隣は自民党の佐藤正久参院議員=国会内で2015年9月17日午前8時50分、小出洋平撮影

 安全保障関連法案は17日夕、参院平和安全法制特別委員会で可決された。可決後の鴻池祥肇委員長と記者団の主な一問一答は以下の通り。【石戸諭/デジタル報道センター】

 −−委員長としての受け止めは。

 鴻池委員長 ああいった形で委員会可決は不本意だったが、審議はほぼ尽くされたと感じた。いつまでも、話ばかりはよくない。参議院としての態度、結論を出さないといけない時期だと私が判断した。賛否あるが、政治家たるもの、日本の安全と防衛をどうするかという使命感は皆持っている。議論を尽くして、この法案に参院の意思をあらわさないと。時期としては良い時期だと思ったので、採決に至った。

 もう一つは「60日ルール」がある。参院の審議がもたついていると、衆院の方で判断して採決ができる。(…

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文769文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです