メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸前高田 流された「そば屋」

足踏みはもうやめる 借金、人口減…不安の中

プレハブ店舗が繁盛している及川雄一さんだが、かさ上げされる中心市街地(奥)での再開に頭を悩ませている=岩手県陸前高田市で、佐々木順一撮影

 やぶ屋を再開し、もうすぐ3年半になる。昼時はプレハブ店舗の前に客が席待ちの列をつくり、亡き父から受け継いだそばの味の評判は上々なのに、店主の及川雄一さん(48)の気分は晴れない。

 午後3時、のれんをしまい、店のみんなで賄いを済ませると、一人また一人とテーブルに突っ伏していく。日に150~200人もの客でにぎわい、7人のスタッフでは手が足りなくなっている。

 従業員の多くが還暦を迎え、午前11時の開店から立ちっぱなしで天ぷらを揚げる母従子(よりこ)さん(7…

この記事は有料記事です。

残り1092文字(全文1321文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです