メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

200キロ超の巨大カジキマグロを伝統の「突きん棒漁」で仕留める三陸の凄腕兄弟に密着!

<プロフィル>中居林昌爾・洋爾 それぞれ1972年、74年岩手県釜石市生まれ。男3兄弟の二男と三男。日本で最も多くのカジキが水揚げされる気仙沼漁港で、震災前からダントツの水揚げ量を誇り、その「突きん棒漁」の技術は他者の追随を許さない。漁期は夏から初秋にかけて。三陸沖や北海道沖で、黒潮と親潮がぶつかる大海原に繰り出す。船は、舳先に突き棚と見張り台がついた突きん棒船「第八勇漁丸」(約10トン)。

[PR]

 古くから世界で続くといわれる伝統漁法「突きん棒(つきんぼ)漁」。伸びた船の舳先から、6メートルもの長銛を使って、巨大カジキマグロを仕留める姿は、己の目と腕のみを頼りにする豪快な漁だ。その突きん棒漁で日本一の腕前を誇る三陸の名物兄弟、中居林昌爾・洋爾がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS/TBS系全国ネット、9月27日午後11時〜11時半)に登場する。

 兄・昌爾が銛の突き手、弟・洋爾は船の舵取り。究極のコンビネーション技を繰り広げる船上では、ほとんど会話もない。鋭い眼光を大海原に向け獲物を探す2人は、まさに現代の海の狩人そのものだ。獲物を見つけたらエンジン全開、瞬く間に水面を走るカジキを突く姿は、まさに名人芸。獲物の中には200キロを超える大物も含まれる。獲れるまで陸へ帰らないのが2人の漁だ。

 そんな彼らが生まれ育った三陸地方は、4年半前の東日本大震災で津波の大きな被害を受けた。海に生きる兄弟は、一瞬で豹変した海の出来事をどのように体験し、どのように捉え、そして、いまをどのように生きているのか?“あ・うん”の呼吸で日本一の水揚げを誇る三陸の凄腕突きん棒兄弟のひと夏を追った。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 視聴室 新番組・俺の家の話

  3. バグダッド中心部で自爆テロ 32人死亡、110人負傷

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです