メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

玄米ご飯はいかが?の巻

健康増進やダイエットに期待 デメリットも見極めバランス良く

[PR]

モンゴメリーさんにカットしてもらった八木くん。 終わったところ、八木くんのおなかが鳴る音が…。 どうやらおなかが空いているようです。 そこでモンゴメリーさんは、玄米を使ったごはんを 用意しました。 玄米は健康増進やダイエットに効果的だそうです。 そもそも玄米と白米の違いは何なのでしょうか。 それは稲の実(もみ)の中身が玄米です。
玄米のぬかと胚芽を取り除いていくと、白米になるのです。 玄米から3分づき、5分づき、7分づき、精白米となります。 精白米はとても食べやすくおいしいのですが…栄養価は減ってしまいます。 栄養価の多くは外皮や胚芽、ぬかに含まれているのです。 玄米が少し芽を出した発芽玄米もあります。 かみごたえがあるのが特徴です。 一汁一菜、合うおかずは…
野菜や魚、海藻類、発酵食品のみそ、梅干しも合います。 健康的な食事ですが、デメリットもゼロではありません。 まず、白米に比べて消化が悪いのです。 そこで白米と玄米を半々にしたり、5分づき米にするのもいいかもしれません。 それから残留農薬の問題もあります。 農薬はぬかの部分に多く含まれているため、 有機JASマークが付いた農薬未使用の物を選べば安心です。
玄米に含まれるフィチンという物質もやっかいです。 リンとイノシトールで構成されており、体内に入るとフィチン酸になります。 がん予防や血液の浄化に効果があると言われていますが… 体内の亜鉛やカルシウム、鉄分などと結合して外に出してしまい、 ミネラル不足になってしまうとも言われています。 白米と玄米はバランス良く食べましょう。 カゲマルさんが散髪に来ました。 頭巾の中はどうなっているのでしょうか…。 極秘の壁によって、八木くんは見ることができませんでした。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです