メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
“政界のウラ”を読む

(11)安倍政権 「寛容と忍耐の政治」を忘れていないか

自民党総裁選でガンバロー三唱をする安倍晋三首相(中央)=東京都千代田区で2015年9月8日午前8時、徳野仁子撮影

 安倍晋三首相の宿願だった集団的自衛権の行使容認を主眼とする安全保障関連法案は、民主党などの反対を抑え、今月19日未明まで続いた参院本会議で、ようやく可決・成立した。国会内の野党の抵抗は織り込み済みだとしても、老若男女を問わず法案に反対する多数の市民が国会周辺に集まり、激しく抗議した中での採決は、法案提出時には想定外だったはず。案の定、採決直後のマスコミ各社の世論調査結果は、安倍には手厳しいものとなっていた。

この記事は有料記事です。

残り3070文字(全文3276文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

松田喬和

1969年、毎日新聞社入社。福島支局、東京本社社会部を経て1974年に政治部。横浜支局長、広告局企画開発本部長、論説委員を歴任。2004年4月から論説室専門編集委員。09年9月、民主党政権下で首相番を務め、「松田喬和の首相番日誌」を自民党の政権復帰まで連載した。14年4月から現職。TBSテレビ「ひるおび」の政治コメンテーターやBS11「インサイドアウト」コメンテーターも務める。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです