メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

振り込め詐欺

ニフティが検知システム開発 10月から実証実験

ニフティが10月から行う振り込め詐欺検知システムの実証実験で使用する電話機とサービスアダプター=2015年9月29日、東京都新宿区で撮影

 ニフティは、かかってきた電話の会話内容から「振り込め詐欺」と判断して注意を促すシステムを開発し、10月から半年間にわたって一般家庭で実証実験する。システムの有用性を検証し、2016年中のサービス提供を目指している。29日に東京都内で説明会を開いた。

 ニフティの「振り込め詐欺検知システム」は、離れて暮らす家族への詐欺電話を想定し、(1)通話を録音して音声データをインターネットで同社のクラウドサービスに送信(2)クラウド側で音声データを文字化して解析し、詐欺会話に含まれる特有パターンと照合する(3)振り込め詐欺の可能性があればシステムから本人に自動音声で知らせる(4)同時に家族にもメールで通知する−−というもの。電話を終えてから警告通知が届くまでは5分前後という。

 実証実験は東京都内に住む65歳以上のモニター50人で行い、いずれもインターネットに接続する環境がな…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文910文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです