メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

高橋 敏夫・評『卜伝飄々』風野真知雄・著

むやみに戦わない、鍋蓋持った剣豪がゆく

◆『卜伝飄々』風野真知雄・著(文藝春秋/税抜き1550円)

  なるほど。卜伝(ぼくでん)、飄々(ひようひよう)か。戦わずに勝つ無手勝流を実践したといわれる塚原卜伝(1489年〜1571年)には、どこか、とらえどころのない飄々とした印象がある。それでいて、上泉信綱や伊東一刀斎とならぶ戦国時代屈指の剣豪である。ふつうなら矛盾することがなんなく両立してしまうところに、卜伝の凄(すご)さも、おもしろさもあるのだろう。

 作者風野真知雄は、こんな飄々とした剣豪像を、老年の卜伝にみいだす。三度目の長い旅にでたばかりの卜伝…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文891文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 京アニ火災 「聲の形」「氷菓」岐阜県内の聖地でも悲しみ広がる
  5. 京アニ放火 確保の男「小説盗んだから放火」 一方的な恨みか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです