メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目
コトバ解説

「レンタル」と「リース」の違い

期間の長短 違約金を支払わずに中途解約ができるか否か

[PR]

文太「迷うな…」
ケビン「文太サンが迷うナンテ…、珍しくもナイカ…。一体ドウシタノ?」 文太「店の業務用冷蔵庫が古くなったんで、新調しようと思ってな。中古品を買おうか、新品を借りようか…」 ケビン「借りた方が良さそうダケドネ。メンテナンスもしてくれるんデショ?」 文太「まあな。でも『レンタル』だと、毎月決まった出費があるからなぁ」
ケビン「ソウデスネ。ちなみにそこは『レンタル』ではなく『リース』デスネ」 文太「違うのか?」 ケビン「そりゃ違うデショ。今回は『レンタル』と『リース』について解説シマショウ!」
今回のテーマは「レンタル」と「リース」。どちらも物品などを賃借することですね。 「レンタル」は「短期間、不特定多数を対象に貸し出すこと」。ビデオや衣装、アウトドア用品など、レンタルする側が既に所有しているものを希望する個人や団体に貸し出します。
対して、「リース」は「長期間、特定の相手に貸し出すこと」。通常は2年以上で、OA機器や重機などの機械や設備を対象に主に企業間で行われる取り引きです。 顧客側は、希望の機器や機種を指定して「リース」することが可能です。 ケビン「既存の商品を借り入れる『レンタル』とは異なりマスネ」 「レンタル」の場合は、貸出期間中であっても返却、つまり、中途解約が可能ですが、「リース」の場合は不可能です。中途で返却する場合は違約金を支払う必要が出てきます。
文太「『リース』は新品なんだよな」
文太「『リース』品の場合は新品なんだよなぁ。それが魅力だな」 ケビン「新品を『レンタル』できるケースはあまりないですモンネ」 文太「それじゃ、冷蔵庫は新品を『リース』するか! 千鶴に相談しよう」 ケビン「決定権は千鶴サンにあるんデスネ…」
では、今回のまとめです。 「レンタル」は「不特定多数に短期間貸し出すこと」。 「リース」は「特定の相手に長期間貸し出すこと」。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです