メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
どうやるの世論調査

◆偏りをなくすには

[PR]

 調査対象者が特定のグループに偏って選び出されてしまうと、国民の縮図を調査したとは言えません。例えば大都市の人ばかりが選ばれては、回答に偏りが生じるでしょう。そこで、実際の抽出は「層別2段無作為抽出法」というやり方で行います。層別とはグループ分けすることです。どのグループからも偏りなく調査対象者を選ぶために、2段階で選び出すのです。

 第1段階として、人口によって地域をグループ分けします。全国の市区町村を大都市、中都市、小都市、町村部の4グループに分けます。各グループの人口の大きさに比例して、調査する地区(地点といいます)の数を割り振り、無作為に地点を選び出します。

 次に第2段階として、調査地点となった市区町村の住民の名簿から、あらかじめ決めておいた1地点当たりの人数分、住民を無作為に抽出します。1地点で16人抽出し、300地点あるなら、16人×300地点=4800人が調査対象者です。【中村美奈子/デジタル報道センター】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです