メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度読みたい

<荒木大輔の復活>第1回 「野球を取ったら何も残らない」=1992年9月

初めての甲子園で=1980年8月

 プロ野球セリーグでヤクルトが14年ぶりに優勝した。あのシーズンも優勝は14年ぶりだった。元祖甲子園アイドルでヤクルトの主戦投手だった荒木大輔さん(51)が、ひじの手術などに伴い4年のブランクを乗り越えて復活した1992年だ。復活目前を同時進行で伝えた東京本社夕刊の連載企画「あした天気になあれ」を改めて掲載するとともに、当時取材・執筆を担当した記者が、今は解説者として活躍する荒木さんを再び訪ねた。当時の思いや野球人としての夢、そしてあの時話せなかったことはなかったか−−。23年の時を経て聞いた。【照山哲史】

<1992年9月7日 東京本社夕刊社会面から>

この記事は有料記事です。

残り1888文字(全文2167文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです