メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースがわかる目次

2015年11月号 10月15日発売

[PR]

★ニュースをわかりやすく説明した雑誌です。お子さまの社会科・時事問題対策にどうぞ。

★対象年齢は10歳から。おもな読者層は小4から中1ですが、それ以上の方にもお役立ていただけます。

★オールカラーで図表やイラスト満載。図鑑を見るような楽しさ。

★A4大で68ページ。月1回発行ですから負担になりません。

★記事は毎日新聞にのっとり、正確です。

★1部380円。書店でどうぞ。

★定期購読なら、離れてお住まいのお孫さんに贈れます(郵送)。先様には編集室よりあなたからのプレゼントである旨を別便で通知します。(年間:4560円、6カ月:2700円)。お問い合わせ・お申し込みは編集室(電話03・3212・1171、03・3212・0954=平日10時から18時)。バックナンバーも書店で注文できます。

10月号はこんな特集です。

◆人権が一番

 差別やいじめにノー! わたしたちが自由にものを考え、安心して暮らせるのは人権があるからです。普段は気づかないけれど、大勢の努力で築かれた宝物。人権について改めて考えます。

◆安保関連法が成立

 集団的自衛権の行使を認める安保関連法が国会で成立しました。自衛隊が海外で戦うことに道を開く内容で、憲法違反と考える大勢の人が反対の声を上げました。どんな法なのか、見てみましょう。

◆増える野生の鳥けもの

 イノシシやシカなど野生動物が増えています。田畑を荒らされ、農産物を食べられる被害が年200億円にも上っています。なぜ、このようなことになったのでしょうか。

◆中東の核危機 解決へ前進

 中東の国イランの核問題が解決へ前進しました。核兵器をつくる能力を減らすことで欧米などと合意したのです。中東の平和をおびやかす不安要因が減り、国際社会は胸をなで下ろしています。

◆著作権ってなに?

 雑誌のまんがをコピーして友だちみんなに回したり、アニメのDVDをサイトにアップしたりしていませんか? それらは作り手の「著作権」を損なう行為。権利を守って作者を尊重することで、文化は盛んになります。

◆北方領土ってどんなところ?

 ロシアの大臣が次々と北方領土を訪れています。北方4島周辺の開発を強化する姿勢で、日本は対応に苦心しています。そもそも北方領土とはどんなところでしょう。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです