メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 照幸・評『春画入門』車浮代・著

“四位一体”が生んだ日本出版文化の金字塔

◆『春画入門』車浮代・著(文春新書/税抜き900円)

 世界が、先に驚いた。−9月19日より東京・目白の永青文庫で始まった日本で初開催となる「春画展」の宣伝コピーだ。

 春画は、性の営みを描いた浮世絵。男性の性器を強調した着衣による交わりの巧みな構成力と物語性、筆致の確かさ、鮮やかな色遣いの芸術性は19世紀のヨーロッパで高く評価された。2013年秋から14年年始の大英博物館での春画展は記録的動員となり、今回はその凱旋(がいせん)記念展。18歳未満は入場禁止も、江戸料理研究家の著者は本書で「公的に春画を鑑賞できる時代」の到来と喜ぶ。

 日本で春画は猥褻(わいせつ)画という見方もあるが、浮世絵の発祥、数々の技法を90点ものカラー図版も…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  2. 札幌・JR琴似駅近に無人ホテル 訪日客の利用期待

  3. 未消化の有給休暇、どうか成仏して…大阪で「供養」イベント

  4. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  5. グレタさん、自己紹介欄に「ガキ」 ブラジル大統領の「あんなガキ」発言で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです