メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あなたはどっち?

選択的夫婦別姓、どう思う

<イラスト・藤井龍二>

 政治や社会のさまざまな課題についての賛否両論を紹介する新連載「あなたはどっち?」。初回は「選択的夫婦別姓」について、生活報道部の山崎友記子デスクが解説します。 

価値観多様化 望む声強まり

 明治憲法下の1898年に民法が施行されて以降、日本では夫と妻が同じ名字を名乗る「夫婦同姓」が基本です。戦後改正された民法も「夫または妻の氏を称する」と夫婦同姓を義務づけています。

 今でも結婚したカップルの96%は夫の名字を名乗り、結婚で改姓するのは女性がほとんどです。しかし、結婚後も仕事を続ける女性が増え、家族の形や価値観も多様化し、名字を変えなくても済むよう、夫婦別姓を望む声が強まってきました。このため法相の諮問機関、法制審議会は1996年、希望すれば結婚後も夫婦がそれぞれの姓を名乗ることができるようにする「選択的夫婦別姓制度」を取り入れた民法の改正案を提案しました。制…

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  3. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  4. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補塡か 東京地検

  5. #生きるのがつらいあなたへ フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです