メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレーバック選挙

93年衆院選 自民一党支配の終幕

1993年衆院選の結果を報じる7月19日付毎日新聞朝刊1面(東京本社発行最終版)

 1993年7月18日の第40回衆院選は「自民党政権を継続させる」のか「自民党以外の勢力による連立政権を誕生させる」のかが大きな争点となりました。その結果、自民党の過半数割れ、自民党に続く勢力を誇ってきた社会党の惨敗、新党の躍進という大変動をもたらしました。

 38年間にわたって単独で政治をつかさどってきた自民党の一党支配体制が、国民からノーを突きつけられたことから「戦後の日本政治の岐路の一つ」と記憶されています。毎日新聞1面(東京本社発行最終版)の見出しは「首相、きょう退陣表明/自民伸びず政権維持へ決断」でした。

 当時の自民党には「政治は力、力は数、数はカネ」という、国民の考え方とかけ離れた論理がまかり通ってい…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文696文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです