メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

「地球スイングバイ」はミッション全体の「2〜3歩目」、宇宙の海へさらに深く=記者会見詳報

小惑星探査機はやぶさ2の地球スイングバイについて記者からの質問に応える津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー(右から2人目)=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構で2015年10月14日、斎藤広子撮影

12/3へ津田プロマネら意気込み

 小惑星探査機はやぶさ2が、打ち上げからちょうど1年後の12月3日、小惑星リュウグウに向けてかじを切る「地球スイングバイ」に挑戦する。宇宙航空研究開発機構(JAXA)のはやぶさ2プロジェクトチームは14日、地球スイングバイの目的と詳細について、記者会見を開いた。地球スイングバイでは、秒速30キロ以上の速度で、地上から高度約3100キロという地球の間近を通り抜ける厳密な運用が求められる。会見には、津田雄一・はやぶさ2プロジェクトマネジャー、吉川真・同ミッションマネジャー、竹内央(ひろし)・JAXA宇宙科学研究所宇宙機応用工学研究系助教が出席し、意気込みを語った。【永山悦子】

(冒頭、出席した3人がそれぞれはやぶさ2の地球スイングバイについて説明)

この記事は有料記事です。

残り5927文字(全文6268文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです