メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

マーティがたどり着いた未来の巻

2015年10月21日 30年前の想像と現実 どっちが進んでいる?

[PR]

とうとう2015年10月21日が来ました。電次がなんだかワクワクしている様子です。でも、マキちゃんは何の日だか全く知らない様子です。 実は、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」でマーティがたどり着いた未来の日なのです。マキちゃんはそもそも映画自体を知らなかったようですけれど。 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は、高校生のマーティと科学者のドクが自動車型のタイムマシンで時空を超えて大冒険する3部作のシリーズです。 1985年に1部が公開され、その後1989年、1990年にはそれぞれPART2、PART3が公開されました。
PART2で、マーティは未来に起きる自分のトラブルを防ぐために30年後の2015年にタイムスリップするのです。ところがマキちゃんは、30年前に想像した未来と今は全然違うだろうと思っている様子です。 しかし科学技術の進歩は侮れません。映画に登場する品の中には現在、実用化されているものも多いのです。 まずはタブレット型コンピューターです。スマートホンやiPadは今や日常品ですよね。
それからスマートグラスです。電話やネット、写真も撮れるメガネ型端末は既に米英で試験的に売られています。 更に壁掛け式テレビなども登場しています。今、普通にある物ばかりですね。 更には立体映像の技術です。映画で、飛び出して見える映像のサメ。今や3D眼鏡をかけなくても立体に見える技術は初音ミクなどのコンサートで使われています。 空中に浮かぶスケートボードだって夢じゃありません。既に米企業が試作品を完成させたそうです。
スケートボードマシンの名前は「HENDO Hoverboard」。金属の上でなら磁気で浮くことができるのです。 一方、まだ実現していないものもあります。例えば自動で靴ひもを調節してくれるNIKE(ナイキ)のスニーカー。しかし、レプリカが2011年に発売され話題になりました。 タイムマシンの空飛ぶ車「デロリアン」も実現できませんでしたが……。 でも、こんなに実現しているのだからいつかきっと発明されるだろうと、マキちゃんはワクワクしていますね。 電次の開発意欲も俄然湧いてきたようです。 そんな電次は、また怪しげなムキムキの「理想体型維持スーツ」を開発したようです。八木君が試着していますが、マキちゃんは「キモっ」と引いている様子ですけどね……。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 時津風親方、初場所中にマージャン店へ 2度目の違反 厳罰の可能性

  4. 豚熱発生の養豚場290頭の殺処分決定 野生動物から感染の可能性 和歌山

  5. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです