メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度読みたい

<文士たちの人生相談2>宇野千代さん 女子大学院生を励ます=1983年10月

宇野千代さん

 作家が回答する人生相談記事を再録する「もう一度読みたい<文士たちの人生相談>」の第2回は「生きている私」など数々のベストセラーを残し、4回の結婚など恋多き波瀾万丈の生涯でも知られる宇野千代さんが回答者。「知的な女性は男性に疎まれるのではないか?」と悩む女子大学院生を温かく励ます。

<1983年10月16日 毎日新聞東京本社日曜版3面から>

 問 私は、仕事や勉強を充実させ、さらによき配偶者にも恵まれた生活をしたいと願っております。しかし、知的な女性は敬遠されがちだとよくきかされます。多くの男性は仕事好き、勉強好きな女性に必ずしも好意的でないようなのです。本当に知的な女性はうとまれるのでしょうか。仕事か家庭か、といった議論は、空気か水か、というのと同じだと思うのですが、現実にはなかなかそうはいかないようです。宇野先生は、よい意味で大変知的でいらっしゃいます。私の周辺にも、知的で魅力あふれる女性は数多くいますが、やはり同じ問題で悩んでいます。よきアドバイスをお聞かせ下さい。(東京多摩市 Y・Aさん 23歳・大学院生)

 答 あなたの言いたいと思っていることは、よく分かりました。女性と生まれても、自分の仕事を持ち、教養を高め、なお且(か)つ、宜(よ)い配偶者に恵まれたい、と言うあなたの願いは、当然のことだと思います。

この記事は有料記事です。

残り2778文字(全文3340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです