メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キーパーソンインタビュー

「私が日本人でないなら何人?」 ミス・ユニバース日本代表の宮本エリアナさん

みやもと・えりあな 1994年生まれ。父は米軍基地に勤務していたアフリカ系米国人、母は日本人。中学3年生のときに渡米し、現地の高校に通学。2015ミス・ユニバース日本代表に選ばれる。身長173センチ。趣味はバイクと料理=東京都港区で2015年9月25日、内藤絵美撮影

 アフリカ系米国人の父と日本人の母を持つハーフとして初めてミス・ユニバース日本代表に選ばれた長崎県佐世保市生まれの宮本エリアナさん(21)。宮本さんの褐色の肌を、「日本人らしくない」と批判する人も一部にあった。しかし、「日本で生まれ育った私が日本人でないのであれば、いったい何人(なにじん)なのでしょうか」と宮本さんは問いかける。「ハーフへの批判は予想していたこと。自分らしく堂々と世界大会に臨みたい」と、宮本さんは静かに決意を込めた。【山越峰一郎】

 −−ミス・ユニバースの大会に出場したきっかけから教えてください。

この記事は有料記事です。

残り3837文字(全文4095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 和田アキ子『アッコにおまかせ!』でギネス記録認定 生バラエティーの同一司会者最長34年357日

  3. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです