連載

キーパーソンインタビュー

いま話題の人や、これから注目される人物に迫るボリュームたっぷりのインタビュー特集。ニューサイト限定のコーナーです。

連載一覧

キーパーソンインタビュー

「私が日本人でないなら何人?」 ミス・ユニバース日本代表の宮本エリアナさん

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
みやもと・えりあな 1994年生まれ。父は米軍基地に勤務していたアフリカ系米国人、母は日本人。中学3年生のときに渡米し、現地の高校に通学。2015ミス・ユニバース日本代表に選ばれる。身長173センチ。趣味はバイクと料理=東京都港区で2015年9月25日、内藤絵美撮影
みやもと・えりあな 1994年生まれ。父は米軍基地に勤務していたアフリカ系米国人、母は日本人。中学3年生のときに渡米し、現地の高校に通学。2015ミス・ユニバース日本代表に選ばれる。身長173センチ。趣味はバイクと料理=東京都港区で2015年9月25日、内藤絵美撮影

 アフリカ系米国人の父と日本人の母を持つハーフとして初めてミス・ユニバース日本代表に選ばれた長崎県佐世保市生まれの宮本エリアナさん(21)。宮本さんの褐色の肌を、「日本人らしくない」と批判する人も一部にあった。しかし、「日本で生まれ育った私が日本人でないのであれば、いったい何人(なにじん)なのでしょうか」と宮本さんは問いかける。「ハーフへの批判は予想していたこと。自分らしく堂々と世界大会に臨みたい」と、宮本さんは静かに決意を込めた。【山越峰一郎】

 −−ミス・ユニバースの大会に出場したきっかけから教えてください。

この記事は有料記事です。

残り3837文字(全文4095文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集