メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度読みたい

<文士たちの人生相談5>菊池寛 相談者をしかる=1938年2月

菊池寛=撮影時期不明

 作家が回答する人生相談記事を再録する「もう一度読みたい<文士たちの人生相談編>」の第5回は、時代を大きくさかのぼって、芥川賞・直木賞の創設者としても知られる菊池寛が回答者。前年に起きた日中戦争のさなかだが、娘のためにひな祭りをしてよいだろうか、との女性からの相談に答える。

<1938年2月26日 東京日日新聞家庭面>

 問 私の今年六つになる女の子が早くから「お雛(ひな)様を飾ってね」と頼むいじらしさ、戸外から帰って来た時やご飯時には忘れずに同じ願いをします。今日も午後、帰ってきた小さい娘は、働いている父親に−−申し遅れましたが、良人(おっと)は洋服屋です−−熱心に頼みました。すると良人は言下に「今年は戦争だからお雛様は飾らないんだよ」と烈(はげ)しい口調。私は吃驚(びっくり)いたしました。娘は悲しそうな顔をし…

この記事は有料記事です。

残り2238文字(全文2597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです