ANA

補助犬と障がい者が航空機への搭乗を体験 羽田

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 全日本空輸(ANA)は31日、補助犬を伴った障がい者が航空機への搭乗を体験するツアーを行った。

 補助犬は、障がい者の体の一部として生活に不可欠な存在で、身体障害者補助犬法で公共交通機関などでも同伴することができるようにすることが義務付けられている。ツアーでは、日本身体障害者補助犬学会の学術大会に合わせて行われ、介助犬3頭、盲導犬と聴導犬が各1頭の5頭の補助犬と障がい者たちが、空港での搭乗手続きや保安検査、機内で着席するまでの動作を…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文545文字)

あわせて読みたい

ニュース特集