小保方晴子氏

再提出した博士論文など公開へ コメント全文

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 早稲田大が発表した博士号の取り消しについて、小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)が代理人を通じて発表したコメントの全文は以下の通り(原文のまま)。「当初から不合格を前提とした手続きだった。私の研究者の道は不本意にも門が閉じられてしまった」と嘆きつつ、「今回再提出した博士論文や関連データを年度内をめどに随時公開する」と結んでいる。【中村美奈子/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り1431文字(全文1617文字)

あわせて読みたい

注目の特集