特集

ニュース&トピックス

クラシック界のニュースや、音楽家のインタビューなどを紹介します。

特集一覧

トピックス2015

東京都交響楽団が創立50周年記念パーティー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「50周年という記念の年に音楽監督の重責を担っていることは大変に光栄」とあいさつする音楽監督の大野和士
「50周年という記念の年に音楽監督の重責を担っていることは大変に光栄」とあいさつする音楽監督の大野和士

 東京都交響楽団(近藤誠一理事長)が2日夜、都内のホテルで「創立50周年記念パーティー」を開催した。今年4月に音楽監督に就任した大野和士の指揮で行われた第797回定期演奏会の終演後に開かれたパーティーには、楽団関係者に加えて作曲家の細川俊夫、池辺晋一郎ら音楽関係者や今月都響が演奏旅行で訪れるヨーロッパ各国の大使ら約200人が出席した。

 大野は「自分が若いころから都響には公演はもとより、練習などを通じて偉大なマエストロたちから多くを学ばせていただいた。そのオーケストラの50周年という記念の年に音楽監督の重責を担っていることは大変に光栄」とあいさつ。2020年の東京五輪に向けて楽団のさらなる充実を図り、東京発の音楽文化発信に取り組んでいく決意をにじませていた。

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1147文字)

あわせて読みたい