メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

図解で納得

エレベーターの安全

事故防止策を義務付け それでも注意は必要

[PR]

エレベーターの安全対策はどうなっているの?
俊輔「この前、マンションのエレベーターが止まって焦ったぜ」 ギョロ「原因は何だギョロ?」 俊輔「地震だよ。お陰でサッカーの試合に遅刻しちまったぜ」 ギョロ「それは災難だったギョロ」 俊輔「エレベーターの仕組みってどうなってるんだ?」 ギョロ「教えてやるから、サクライでケーキセットをおごれギョロ」
最初のエレベーターは紀元前236年、アルキメデスが考案しました。蒸気を利用したものが登場したのは1835年。また、現在の電動式は1889年に作られました。 ギョロ「日本初は1842年の茨城・水戸偕楽園のものギョロ」
電動式にはいくつか種類があります。ロープに重りをつけたり、ドラムにロープを巻き付けてかごを昇降させるのがロープ式です。一方、油圧を利用するのが油圧式です。リニアモーター式や環境に優しい水圧式もあります。 ギョロ「横浜ランドマークタワーのエレベーターは時速45キロ。日本一の速さだギョロ」
建築基準法では、(1)扉が閉まらないと動かない(2)かごが到着しないと扉は開かない(3)ロープが切れた場合の自動停止装置や衝撃緩和装置の設置――などが定められており、定期点検も必要です。 ただ、事故はたびたび発生しています。高校生が挟まれて死亡した事故を契機に、2009年9月以降は、新設のエレベーターに補助ブレーキの設置が義務付けられました。 ギョロ「補助ブレーキがあるのは既存の70万基のうち約2割ギョロ」
俊輔「大きな地震があったら心配だぜ」
震度5強を観測した2015年5月30日の小笠原沖地震では、首都圏を中心に約1万9000基が緊急停止しました。14基で一時、利用者が閉じ込められました。 ギョロ「避難のために使っちゃダメギョ」
では、今回のまとめです。 ギョロ「エレベータは全国に約70万基。事故防止策が義務付けられているが、挟まれるなどの事故には注意が必要ギョロロ」 ギョロ「エレベーター内で暴れるのは禁止ギョロ」

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 「無給医」巡り日本医科大に労基署が是正勧告 他の病院に影響も

  3. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです