メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度読みたい

<初のノーベル賞 湯川秀樹1>敗戦国日本 受賞に沸く

日本人のノーベル賞初受賞は、敗戦日本にとって大朗報だった。取材陣に取り囲まれる湯川秀樹氏=1949年11月撮影

 今回の「もう一度読みたい」のテーマは、戦後間もない頃に日本人で初めてノーベル賞を受賞した科学者・湯川秀樹博士。受賞決定時の号外、毎日新聞への寄稿、遺族へのインタビューなどを通して、最先端の物理学者にとどまらず、核廃絶を訴える平和主義者で優れた随筆家でもあった湯川氏のさまざまな姿を振り返り、今年で24人の受賞を数える日本のノーベル賞の原点をたどります。第1回は、湯川氏の受賞が敗戦間もない日本でどのように受け止められたかを紹介します。当時の記事を読むと、国民の間に敗戦の虚脱感が残る中での世界最高の栄誉とされる賞の初受賞とあって、記者が走らせるペンからも高揚感が伝わってきます。【尾村洋介】

 1949(昭和24)年11月、まだ連合国の占領下にあった日本に大きなニュースが飛び込んできた。「原…

この記事は有料記事です。

残り5809文字(全文6155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです