メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度読みたい

<初のノーベル賞 湯川秀樹1>敗戦国日本 受賞に沸く

日本人のノーベル賞初受賞は、敗戦日本にとって大朗報だった。取材陣に取り囲まれる湯川秀樹氏=1949年11月撮影

 今回の「もう一度読みたい」のテーマは、戦後間もない頃に日本人で初めてノーベル賞を受賞した科学者・湯川秀樹博士。受賞決定時の号外、毎日新聞への寄稿、遺族へのインタビューなどを通して、最先端の物理学者にとどまらず、核廃絶を訴える平和主義者で優れた随筆家でもあった湯川氏のさまざまな姿を振り返り、今年で24人の受賞を数える日本のノーベル賞の原点をたどります。第1回は、湯川氏の受賞が敗戦間もない日本でどのように受け止められたかを紹介します。当時の記事を読むと、国民の間に敗戦の虚脱感が残る中での世界最高の栄誉とされる賞の初受賞とあって、記者が走らせるペンからも高揚感が伝わってきます。【尾村洋介】

 1949(昭和24)年11月、まだ連合国の占領下にあった日本に大きなニュースが飛び込んできた。「原子核の中に中性子と陽子を仲介する中間子がある」という「中間子理論」を発表した湯川秀樹博士のノーベル物理学賞受賞が決まったのだ。日本人の受賞は初めて。広島・長崎への原爆投下、敗戦から4年がたったばかりだった。

この記事は有料記事です。

残り5706文字(全文6155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  4. 新型コロナ 北海道・旭川の病院、214人集団感染 永寿病院に並ぶ 他院でも173人

  5. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです