メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大船渡の163キロ右腕・佐々木はロッテが交渉権 最多4球団が競合
号外星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合
MRJ初飛行

開発計画4年遅れ 激戦小型機市場楽観できず

 三菱航空機は11日、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を初飛行させた。製造元である三菱重工業の幹部が「紙飛行機がついに実体を持った」としみじみと語る記念の日となったが、最初の開発計画からは4年も遅れた“成功”だ。もたついている間に、ライバルの海外企業は豊富な経験を活かしてMRJに対抗する新型機の開発で急迫してきている。事業としてのMRJは依然として楽観できない状況が続いている。

 「山登りに例えるとまだ、6合目でしかない。やるべきことはたくさんある」。11日正午過ぎ、愛知県豊山…

この記事は有料記事です。

残り951文字(全文1207文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです