メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローカル鉄道劇

車内を舞台にした理由とは 「正確なダイヤ」と採算で苦心も

車内で上演されている「ひたちなか海浜鉄道スリーナイン」のリハーサル=茨城県ひたちなか市で2015年11月6日午後、米田堅持撮影

 劇団「シアターキューブリック」(東京都墨田区)が、茨城県の第三セクター「ひたちなか海浜鉄道」の車内で7日からローカル鉄道演劇「ひたちなかスリーナイン」を上演している。鉄道車両という限られた空間でなぜ演劇なのか。緑川憲仁代表(40)と同鉄道の吉田千秋社長にその真意を聞いた。【米田堅持】

秒刻みの正確なダイヤで演じる

 同劇団のローカル鉄道演劇は、2008年6月に千葉県の銚子電鉄で始まった。当初は、劇場以外で多くの人に演劇を楽しんでほしいという思いから、鉄道と旅をテーマにスタートした。

 「上演してみたら、よそ者だから地域の魅力を再発見することができた。公演が地域を元気にする武器になっ…

この記事は有料記事です。

残り870文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです