メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「質問」と「詰問」の違い

「何をしに来たの」「なぜ来たんですかっ」 どちらになる?

[PR]

アンジェリカ「聞きたいことがあるのであーる」
アンジェリカ「ケビンに聞きたいことがあるのであーる」 ケビン「何でありマスカ?」 アンジェリカ「ナゼ、浮気をするのでおじゃるか?」 ケビン「……エ? 僕、浮気なんてしてナイデス!」 アンジェリカ「ケビンのことではないぞよ。恋愛ドラマの話じゃ。それともケビンは、浮気しとるんか? そうならこんなに優しくないにー」
ケビン「そ、ソウダネ……。もっと『詰問』口調にナルヨネ」 アンジェリカ「『キツモン』? キツイ『質問』のことかえ?」 ケビン「意味としては合っているケド……。ちゃんと説明シマショウネ」
さて、今回は「質問」と「詰問」の違いについて解説します。 「質問」は、分からない点や疑わしい点について問うことです。使い方としては「好きな食べ物について質問する」「質問に答える」など。 一方の「詰問」は、相手を責め、厳しく問いただすこと。「質問」よりも責め立てる意味合いが強い言葉ですね。
「浮気した夫を詰問する」「失敗した理由を詰問する」「不正の疑惑について詰問する」などと使います。ケビン「他にも『~問』という言葉はいくつかアリマスネ」「諮問」は有識者や機関に意見を求めること。「査問」は団体が所属するメンバーが犯した不正について調べ、問いただすこと。「尋問」は訴訟において裁判官などが証人らに質問し、返答を求めること。「喚問」は議会などの公的な機関に呼び出して問いただすこと。「質問」に関連する言葉はいろいろあります。正しく使い分けたいものですね。
アンジェリカ「君を査問委員会にかける!」
ケビン「いきなり言われるとビックリスルネ……」 アンジェリカ「企業ドラマなんかでよく聞くせりふやろ。かっこええなぁ……」 ケビン「デモ、査問委員会にかけられるのが主人公で、かける側の上司なんかは大体悪役ダヨネ……。それでは今回のまとめに移りマショウ」
では、まとめです。 「質問」は「疑問に思うことについて問う」こと。 「詰問」は「相手を責めて厳しく問いただす」こと。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  4. 再びの緊急事態宣言 「春までもつか…」客数9割減、膨らむ借金 苦境の居酒屋

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです