メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュースその後

更地の聖地「国立」 ふさわしい建物はできるのか

塀の一部から中をのぞくことが出来た=2015年10月23日、中嶋真希撮影

2015年7月 新国立競技場の計画は白紙に

 解体工事が終わり、国立競技場(東京都新宿区霞ケ丘町)は更地になった。新しい計画も決まらず、宙に浮いている。なんだか、さみしい。「国立」がそこにあった名残ぐらいはあるかもしれないと、最寄り駅のJR信濃町駅に向かった。

 駅を出て少し歩くと、「国立競技場」と書かれた標識が目に入る。標識はそのままだったが、2、3分歩くと高さ3メートルほどの囲いが続くのが見えた。解体された競技場跡地は外から見えないようになっている。人通りはまばらで、近くのアイススケート場や、東京体育館に向かう人、ランニングをする人とたまにすれ違う程度だ。

 中が見える場所はないかと囲いに沿って歩くと、囲いの一部が透明になっている部分があり、のぞくと更地が…

この記事は有料記事です。

残り749文字(全文1080文字)

中嶋真希

2006年毎日新聞社入社。静岡支局、毎日小学生新聞などを経て15年10月からデジタルメディア局。東日本大震災の影響で統廃合した宮城県石巻市の小学校や、性的少数者、障害者の社会進出などについて取材を続けている。共著書に「震災以降 終わらない3・11-3年目の報告」(三一書房)がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. スバル、群馬で完成車生産停止 部品調達先に浸水被害

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです