メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漂う民〜同時進行ルポ

家族救ったアリさんのごみ掃除(11月21日・ドイツ南部メスシュテッテン)

アリさん一家がたどったルート

 アフガニスタン人のアリ・バグリさん(30)と私は20日、ドイツ南部メスシュテッテンの施設前で再会を果たした。しかし、みぞれまじりの雨で2人ともずぶぬれになり、話を切り上げざるを得なかった。一家のたどった道のりを詳しく聞くため、21日に再訪することにした。

 21日午前に訪れた施設周辺は、うっすら雪化粧していた。冬晴れの澄んだ空気が肌に冷たい。ホテルから乗ったタクシーの運転手は「これでも例年に比べると、かなり遅い初雪だ。ここは1年のうち半年近く、雪に覆われる場所だ」と話す。

 アリさんは、妻のタヘリー・カゼミさん(28)と娘のフェレシュテちゃん(4)を伴い、約束の午前11時…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1124文字)

坂口裕彦

1998年4月入社。山口、阪神支局を経て、2005年に政治部。首相官邸や自民、公明両党、外務、防衛、厚生労働省などを担当した。13年に外信部に移り、14年4月から現職。ウィーンを拠点に、中東欧や国際原子力機関(IAEA)などの動きをウォッチ。ウクライナ危機の現場も取材している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです