メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漂う民〜同時進行ルポ

家族救ったアリさんのごみ掃除(11月21日・ドイツ南部メスシュテッテン)

アリさん一家がたどったルート

 アフガニスタン人のアリ・バグリさん(30)と私は20日、ドイツ南部メスシュテッテンの施設前で再会を果たした。しかし、みぞれまじりの雨で2人ともずぶぬれになり、話を切り上げざるを得なかった。一家のたどった道のりを詳しく聞くため、21日に再訪することにした。

 21日午前に訪れた施設周辺は、うっすら雪化粧していた。冬晴れの澄んだ空気が肌に冷たい。ホテルから乗ったタクシーの運転手は「これでも例年に比べると、かなり遅い初雪だ。ここは1年のうち半年近く、雪に覆われる場所だ」と話す。

 アリさんは、妻のタヘリー・カゼミさん(28)と娘のフェレシュテちゃん(4)を伴い、約束の午前11時…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1124文字)

坂口裕彦

1998年4月入社。山口、阪神支局を経て、2005年に政治部。首相官邸や自民、公明両党、外務、防衛、厚生労働省などを担当した。13年に外信部に移り、14年4月から現職。ウィーンを拠点に、中東欧や国際原子力機関(IAEA)などの動きをウォッチ。ウクライナ危機の現場も取材している。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  4. 近畿、中国、四国も、最も遅い梅雨入り
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです