メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漂う民〜同時進行ルポ

到着のアリさん「穏やかに暮らすチャンスを」(11月22日・ドイツ南部メスシュテッテン)

ドイツ南部メスシュテッテンの施設前で、アリさん一家と写る坂口裕彦記者=21日

 「安全なドイツに着いてほっとしています。一家で穏やかに暮らせるチャンスを与えてほしい」

 アフガニスタン人のアリ・バグリさん(30)一家は、ようやくたどり着いたドイツで難民申請をした。

 アリさんは5年前、旧支配勢力タリバンと政府軍との戦いが続くアフガンからイランへ逃れた。そこでタヘリー・カゼミさん(28)と結婚し、フェレシュテちゃん(4)が生まれた。

 アリさんは「イランから一家3人で帰国することを何度も考えた。でも、アフガンは危なくて現実には難しか…

この記事は有料記事です。

残り2541文字(全文2767文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

坂口裕彦

1998年4月入社。山口、阪神支局を経て、2005年に政治部。首相官邸や自民、公明両党、外務、防衛、厚生労働省などを担当した。13年に外信部に移り、14年4月から現職。ウィーンを拠点に、中東欧や国際原子力機関(IAEA)などの動きをウォッチ。ウクライナ危機の現場も取材している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 小中学校 進む熱中症対策 登下校時、プール…新たな課題も

  3. 116歳で世界最高齢の女性へ記念品 敬老の日に福岡知事

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. かべちょろ 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです