メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
漂う民〜同時進行ルポ

到着のアリさん「穏やかに暮らすチャンスを」(11月22日・ドイツ南部メスシュテッテン)

ドイツ南部メスシュテッテンの施設前で、アリさん一家と写る坂口裕彦記者=21日

 「安全なドイツに着いてほっとしています。一家で穏やかに暮らせるチャンスを与えてほしい」

 アフガニスタン人のアリ・バグリさん(30)一家は、ようやくたどり着いたドイツで難民申請をした。

 アリさんは5年前、旧支配勢力タリバンと政府軍との戦いが続くアフガンからイランへ逃れた。そこでタヘリー・カゼミさん(28)と結婚し、フェレシュテちゃん(4)が生まれた。

 アリさんは「イランから一家3人で帰国することを何度も考えた。でも、アフガンは危なくて現実には難しか…

この記事は有料記事です。

残り2541文字(全文2767文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

坂口裕彦

1998年4月入社。山口、阪神支局を経て、2005年に政治部。首相官邸や自民、公明両党、外務、防衛、厚生労働省などを担当した。13年に外信部に移り、14年4月から現職。ウィーンを拠点に、中東欧や国際原子力機関(IAEA)などの動きをウォッチ。ウクライナ危機の現場も取材している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです