メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

電話で相談の巻

悩みごと 一人で悩まず誰かに聴いてもらうことも

[PR]

八木さんは、何か個人的なことで悩みがあるようです。 もし誰かに相談したくなったら、電話で聞いてもらうという手もあります。 「いのちの電話」は八木さんも聞いたことがあるそうです。
「いのちの電話」は、自殺予防を目的に 1971年に東京で創設されました。 77年には全国に5カ所しかなかったいのちの電話センターは 現在全国に50カ所、電話相談は52カ所もあります。 それだけ自殺を考えている人がいるということですね。 一時期は3万人を超えていました。 内閣府などによると、年間自殺者数は 2003年に過去最多の3万4427人を記録し、 14年は2万5427人でした。
相談件数も増加傾向です。 メール相談を始めたセンターもあります。 電話が苦手な人にはいいですね。 わずかな情報から、心を正確に つかむのは大変そうですね。 相談員は研修を受けて、訓練を重ねているそうです。 自殺防止の水際対策を行っている地域もあります。 自殺の名所と言われる福井県の東尋坊では、 パトロールに取り組んでおり 「救いの電話」と呼ばれる公衆電話もあります。 他の悩みでも相談できるサービスはあります。
主な電話相談の窓口として以下があります。 こころの健康相談統一ダイヤル 0570-064-556 心の問題について相談できる公的な窓口 チャイルドライン 0120-99-7777 18歳までが対象でいじめや虐待などの相談 よりそいホットライン 0120-279-338 困っていること、悩みを聞いてほしい人に対応し、 外国語による相談もできる。 東京自殺防止センター 03-5286-9090 電話相談が中心で、面接や手紙による相談もできる 話を聞いてくれる人が絶対いるはずなので、 一人で思い悩まないでほしいです。 ところで八木さんは、今日の夕飯の メニューについて悩んでいたのですね。 千鶴さんがいつでも相談に乗ってくれるようです。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです