メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙なるほドリ

Q 選挙運動は誰でもやっていいの?

スタッフとして選挙を手伝う大学生も

A 18歳以上の人ならできます。ただし、警察官や裁判官、選挙管理委員会の職員といった特定公務員などは除きます。国籍は問わず、外国人もできます。

     選挙運動とは、特定の選挙で特定の候補者を当選させるために働きかけることです。同じ高校3年生でも、18歳になっていればできますが、17歳はできません。

     年齢は、誕生日の前日に一つ年を取ると見なします。投票日の翌日が18歳の誕生日の人は、投票日には18歳と見なされて投票はできますが、選挙期間中(公示・告示日から投票日前日まで)は18歳未満なので、選挙運動はできません。選挙運動ができる時期や方法については、公職選挙法で細かく決められています。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
    2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
    3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
    4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
    5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです