メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙なるほドリ

Q 選挙運動は誰でもやっていいの?

スタッフとして選挙を手伝う大学生も

[PR]

A 18歳以上の人ならできます。ただし、警察官や裁判官、選挙管理委員会の職員といった特定公務員などは除きます。国籍は問わず、外国人もできます。

     選挙運動とは、特定の選挙で特定の候補者を当選させるために働きかけることです。同じ高校3年生でも、18歳になっていればできますが、17歳はできません。

     年齢は、誕生日の前日に一つ年を取ると見なします。投票日の翌日が18歳の誕生日の人は、投票日には18歳と見なされて投票はできますが、選挙期間中(公示・告示日から投票日前日まで)は18歳未満なので、選挙運動はできません。選挙運動ができる時期や方法については、公職選挙法で細かく決められています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです