メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

12月14日は忠臣蔵!の巻

赤穂浪士47人が討ち入り 江戸時代以降、愛されてきた秘密は

[PR]

ヒビキレコードで「忠臣蔵フェア」を開催しています。そこへ通りかかったカゲマル。忠臣蔵と言えば…。 12月14日は討ち入りの日です。響さんは知らずにDVDを売っていたようですけれど。 討ち入りって、何でしょう? そう、大石内蔵助ら赤穂四十七士が吉良上野介邸に討ち入り、主君・浅野内匠頭の敵を討った事件です。 忠臣蔵は歌舞伎や人形浄瑠璃として江戸時代から庶民に愛されてきました。 そもそも、なぜ討ち入りに至ったのでしょう? 元禄14年(1701年)3月、江戸城内の松の廊下で、播磨国赤穂藩(現・兵庫県赤穂市)藩主の浅野内匠頭が、幕府で儀式を執り行う役職にある吉良上野介を斬りつけたのがことの始まりです。 一説には、上野介が内匠頭に意地悪をして、恨みを買ったと言われています。
しかし当時、江戸城内での刃傷沙汰はご法度。五代将軍・徳川綱吉は内匠頭に切腹を命じ、赤穂藩を取りつぶしましたが、上野介はおとがめなしでした。 上野介は斬られた方なのですから当たり前のようですが、当時は「けんか両成敗」が当たり前だったため、不満を持った浅野家家臣たちは「あだ討ち」を計画したのです。 そして、元禄15年(1702年)12月14日、元家臣47人は吉良屋敷で上野介を殺害しました。後世に史実を伝えるために逃がされた1人を除いた46人は翌年に切腹した…というものが、諸説ある中でも有名なものですね。
この事件が江戸庶民の間で話題となり、歌舞伎や人形浄瑠璃で次々に上演されてきました。映画は明治43年(1910年)に初めて作られ、主要作品だけで40本を超えるそうです。 なぜ、忠臣蔵は人気なのでしょう? その理由は当時の時代背景も関係しているようです。 「元禄」とは、どんな時代だったのでしょうか。関ケ原の合戦から80年、綱吉の治世下で平和が続き、文化や学問が栄えた時代です。幕藩体制の基盤が固まった時期である一方、政治腐敗も起きていました。 日本人がこの物語を好きな理由には、主人公たちの私心の無さやチームプレーに徹して目的を達成する事への共感、そして、権力への抵抗という心理もあるでしょう。 12月14日には各地で「義士祭」が開催されます。
今でも年末には多くのテレビ局で忠臣蔵の関連番組が放送されます。 内蔵助役には緒方拳、高倉健、松平健、中村勘三郎(当時・勘九郎)、館ひろし…。 上野介役は西村晃、伊東四朗、森繁久彌…。数多くの名優たちが演じています。 実は、当時の12月14日は旧暦で、西暦に直すと1703年1月30日に当たります。雪の積もる中での討ち入りだったそうです。 忠臣蔵が日本人の心の琴線に触れる物語であることは確かでしょう。カゲマルは、忍者の出ない映画は見ないそうですが…。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです