メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『沈まぬアメリカ−拡散するソフト・パワーとその真価』=渡辺靖・著

 (新潮社・1728円)

創意工夫生む自由主義社会の魅力と呪縛

 誇り高いフランス人はときに辛辣(しんらつ)でもある。第一次大戦期の首相クレマンソーは「アメリカは、文明という通常の中間期を経ずに、奇跡のごとく野蛮からいきなり衰退へと向かった史上唯一の国家である」と皮肉っている。第二次大戦後の大統領ド・ゴールは作家マルローに「ひとつの文明の終末を、それと意識しながら生きるのは奇妙なことだ。ローマの末期以来、こんなことはなかった」と語ったという。

 20世紀の近代産業文明を代表するアメリカについては、くりかえし衰退の兆しが指摘されている。著者によ…

この記事は有料記事です。

残り1786文字(全文2057文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです