メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

2016年の干支、戦後2回目 丙申は大変革の年?

 2016年の干支は1956年に次ぐ戦後2度目の丙申(ひのえさる)で、申年は戦後6回目となる。専門家によると、丙申は「革命」の年。さまざまな場面で時代がうねり、争いごともあるそうだ。56、68、80年……申年の来し方を振り返ると「なんとなく」そんな気がしてくるから不思議だ。【藤原章生】

 申年。まずは人を見てみよう。男優では竹脇無我さんに渡瀬恒彦さん、役所広司さんと、やや重厚ながら、お茶の間をにぎわす俳優が並ぶ。若手では大沢たかおさん、岡田准一さんとスター性が強い。女優はやや小粒な感があるが、男たちを騒がせた東てる美さんや壇蜜さんらが浮かぶ。

 干支の起源は紀元前の中国の暦で、占いの易の基本となっている。大阪府易道事業協同組合理事長の梅川泰輝…

この記事は有料記事です。

残り3431文字(全文3754文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです