メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日新聞世論調査

軽減税率「加工食品も」6割 難民受け入れ、必要なし44%

 政府・与党は、2017年4月に消費税率を10%に引き上げるのと同時に軽減税率制度を導入する。これに関連し、毎日新聞が5、6両日に実施した全国世論調査で、軽減税率の対象品目に加工食品も含めるべきかどうかを聞いたところ、「含めるべきだ」が60%を占め、「含めなくてよい」は28%だった。【今村茜】

 自民党はこれまで、税収を確保するために対象品目を生鮮食品に絞るべきだと主張してきた。しかし、調査では自民支持層の55%が加工食品も含めるべきだと回答した。

 シリアやアフガニスタンの内戦によって欧州に多くの難民が流入し、問題化している。日本も難民を受け入れるべきかどうかを尋ねたところ、「受け入れる必要はない」が44%で、「受け入れるべきだ」の37%を上回った。

この記事は有料記事です。

残り2892文字(全文3220文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです