メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・学ぶ

震災後に貧困、学習意欲は持続 「被災地・子ども教育白書」 公益社団法人調査

 保護者の収入減などで東日本大震災後に貧困に陥っても、学習習慣が身についた子どもは比較的よく勉強し、大学進学を希望する傾向を持ち続けている−−。公益社団法人「チャンス・フォー・チルドレン」(本部・兵庫県西宮市)が11月に発表した「被災地・子ども教育白書」で、こんな傾向が浮かび上がった。専門家は、学習意欲を低下させないため支援が早急に必要だと指摘している。大震災から間もなく5年がたつ。

 被災地で子どもらの学習支援をしている同法人が2014年5〜9月に調査し、計2338世帯の保護者と中…

この記事は有料記事です。

残り1891文字(全文2134文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  2. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです