メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米乱射

マリク容疑者、進学後イスラム傾倒

 【サンバーナディーノ(米カリフォルニア州)長野宏美】米サンバーナディーノで起きた銃乱射事件で、容疑者夫婦のうち妻のタシュフィーン・マリク容疑者(29)の変容に注目が集まっている。銃乱射の実行犯として女性がテロに加わるのは珍しく、事件解明の鍵を握るとみられる。

 かつては今風の女性だった−−。ロサンゼルス・タイムズ紙は、マリク容疑者の出身地、パキスタン東部パンジャブ州の親族の話を伝えた。マリク容疑者はサウジアラビアで育ったが、親族によると2007〜12年まで同州南部の大学で薬学を学んだ。進学の数年後から宗教の影響を強く受けるようになり、家族や地域の女性に良いイスラム教徒になるよう求めたという。親族は「夜になるとインターネットを通じてアラビア語で誰かと話していた」と明かした。

 AP通信もパキスタンのマリク容疑者宅の家政婦の話として、「当初はスカーフで頭を隠すだけだったが、結…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです