メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米乱射

マリク容疑者、進学後イスラム傾倒

 【サンバーナディーノ(米カリフォルニア州)長野宏美】米サンバーナディーノで起きた銃乱射事件で、容疑者夫婦のうち妻のタシュフィーン・マリク容疑者(29)の変容に注目が集まっている。銃乱射の実行犯として女性がテロに加わるのは珍しく、事件解明の鍵を握るとみられる。

 かつては今風の女性だった−−。ロサンゼルス・タイムズ紙は、マリク容疑者の出身地、パキスタン東部パンジャブ州の親族の話を伝えた。マリク容疑者はサウジアラビアで育ったが、親族によると2007〜12年まで同州南部の大学で薬学を学んだ。進学の数年後から宗教の影響を強く受けるようになり、家族や地域の女性に良いイスラム教徒になるよう求めたという。親族は「夜になるとインターネットを通じてアラビア語で誰かと話していた」と明かした。

 AP通信もパキスタンのマリク容疑者宅の家政婦の話として、「当初はスカーフで頭を隠すだけだったが、結…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  2. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  3. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  4. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  5. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです