メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津波

電波や標識で効率良く誘導 国交省など実証実験

 津波発生時、避難経路にどのような標識を置いたら安全に効率良く避難できるか−−。国土交通省などが6日、人工衛星からの電波や標識を使って津波から安全に避難するための実証実験を神奈川県横須賀市久里浜周辺で行った。同省国土交通政策研究所、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、沖電気、同市などが参画。実験には関東学院大学の学生約50人が協力した。

 ネットワークや通信が遮断された状態で、ペリー公園(同市久里浜7)から約1キロ南の神明第2公園(同市神明町)に避難すると想定。避難ルートの途中に音声とLED電光表示で避難場所へ案内する標識10基を設置した。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです