メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

「デジタル毎日」リニューアル 『サンデー毎日』ビューアーも登場(2015/12/07)

 毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:朝比奈豊)は7日、電子新聞サービス「デジタル毎日」をリニューアルしました。「使いやすさ」「読みやすさ」「情報の受け取りやすさ」をさらに追求、コンテンツも拡充し、(株)毎日新聞出版発行の総合週刊誌「サンデー毎日」を、専用のビューアーでご覧いただけるようになりました。リニューアルに併せて、長期購読申し込み者へのプレゼントキャンペーンも実施します。

    (1)ニュースのトピックス、ジャンル、キーワードなどで記事をまとめた「チャンネル」が登場しました

    チャンネルは記事の見出しの下、コーナーの横などに表示される

     リニューアル後のサイトでは、「チャンネル」機能を新たに搭載しました。事件や話題、キーワードごとに、記事や関連記事などを自動でまとめる機能で、記事の見出しのすぐ下に、入り口となるタグが表示されます。従来の関連記事リンクに加えて、カテゴリ分類機能にプラスαの要素と広がりを持たせることで、関心のあるテーマへのタッチポイントが格段に増えました。

     このほか、文字や写真の表示サイズを変更し、スッキリと読みやすくなりました。従来のナビゲーションを統合・整理し、各カテゴリの下に関連性の高いキーワードをまとめたグローバル・ナビゲーションを採用しました。

     スマートフォン用のサイトも、これまでの機能を継承しながら、よりシンプルに分かりやすいナビゲーションに生まれ変わりました。

    (2)サンデー毎日の誌面がビューアーで読めるようになりました

    サンデー毎日の誌面がビューアーで読める

     ニュースサイト内に専用のビューアーを搭載、ブラウザで誌面イメージをお読みいただくことが出来ます。最新号はもちろん、3カ月分のバックナンバーが閲覧可能です。

    (注)サンデー毎日ビューアーはデジタル毎日有料会員・愛読者プレミア会員がご利用いただけます。紙の雑誌とはコンテンツが一部異なり、掲載されないページがあります。

     さらに、本紙で人気のコーナー『万能川柳』もニュースサイト内でお読みいただけます。これまで愛読者向けサイト「まいまいクラブ」でご利用いただいていた、万能川柳のアーカイブ検索機能を「デジタル毎日」に統合しました。この結果、93年11月掲載分以降の約13万句を検索出来るようになります。

    「万能川柳」は検索機能も

    (注)万能川柳の検索機能はデジタル毎日有料会員・愛読者プレミア会員に加え、当面の間、愛読者会員にもご利用いただけます。

    (3)リニューアルに合わせて記念キャンペーンを実施します

    ■長期購読申し込みプレゼントキャンペーンの実施

     ニュースサイト「毎日新聞」のリニューアルに合わせて、デジタル毎日の申し込みコースに「6カ月コース」「12カ月コース」が登場しました。

     リニューアルを記念して「6カ月コース」「12カ月コース」に申し込んだ方を対象にAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施します。

    【キャンペーン実施期間】

    期間:12月7日(月)〜2016年2月29日(月)

    【キャンペーン概要】

    デジタル毎日 長期購読申し込みプレゼントキャンペーンのページ

    http://mainichi.jp/pr/campaign/

    *Amazon.co.jpは、本プロモーション・キャンペーンのスポンサーではありません。

    *Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

    ■記念イベントを12月9日に開催

     会員のニーズに合致した様々なイベントなどを今後、随時開催する予定です。その第1弾として12月9日に『第1回デジタル毎日 経済プレミアセミナー「ビジネスマンのための資産運用、その傾向と対策 〜老後破産しないために〜」』を開催します。

     今後も多彩なジャンルの企画イベントを予定していますのでご期待下さい。

    【デジタル毎日 総合案内ページ】

    http://mainichi.jp/info/

    本リリースの問い合わせ先

    デジタルメディア局

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

    2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

    3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

    4. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

    5. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです