メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレーバック選挙

09年衆院選 民主党政権の誕生

政権交代を報じる2009年8月31日付毎日新聞朝刊(東京本社発行最終版)

 小泉純一郎首相が郵政民営化を訴えて自民党が大勝した2005年の第44回衆院選から丸4年。この間、小泉氏は首相の座を退き、自民党は07年の参院選で惨敗。衆院は与党が過半数を占め、参院は野党が過半数を占めるという「ねじれ国会」が生まれ、政治が停滞しました。

 そして迎えた09年8月30日の第45回衆院選は、2大勢力のどちらに政権を託すのかが正面から問われる選挙となりました。

 それまで政権を担ってきた自民党が「責任力」を強調したのに対し、新興の民主党が「政権交代」を訴えて応酬するという図式。少子高齢化対策、年金制度改革、農業政策、高速道路料金、雇用対策、日米関係など、一つ一つの重要な政策でも政党間の公約(マニフェスト)の違いが明確になり、「初めてのマニフェスト選挙」とも評されました。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです