メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

下鴨神社

マンション建設問題 住民ら業者告発へ 市条例違反疑いで /京都

[PR]

 世界遺産・下鴨神社(京都市左京区)境内でのマンション建設計画問題で、計画に反対する周辺住民らは7日、建設工事業者を市風致地区条例違反の疑いで京都地検に告発する方針を決めた。市が許可した期日よりも1カ月半も前に、建設予定地内で樹木伐採や整地などの景観変更行為を無許可状態で開始したのが理由。15日にも地検に告発状を提出する。

     告発されるのは、マンションを建設するJR西日本不動産開発(兵庫県尼崎市)と関連工事を請け負う竹中工務店京都支店(京都市中京区)。2社は市が工事開始日とした今月1日よりも前の10月中旬から工事を開始。反対住民らでつくる「糺(ただす)の森 未来の会」が同月28日に市風致保全課に工事中止と無許可期間中の工事の原状回復を求めて抗議した。

     しかし2社は「(申請書の)開始時期の記載を誤っただけ」と市に変更を申請。市は業者側の開始日の修正を認めたという。

     市条例は、許可に付した条件に違反した場合、50万円以下の罰金を科すとしている。【木下訓明】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

    2. ORICON NEWS 日本マクドナルド、史上初の『ごはんバーガー』3種誕生 人気メニューを“ごはん”でサンド

    3. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

    4. 高齢女性が金づちで頭を殴られ搬送 男が逃走 大阪の路上

    5. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです