メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

国産小型旅客機 MRJ初飛行=竹地広憲(中部報道センター)

初飛行を終えたMRJ。関係者の歓迎の中、駐機場に向かった=愛知県営名古屋空港で11月11日、竹地広憲撮影

航空機産業、確立急げ

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)が11月11日、初飛行に成功した。三菱重工業の子会社、三菱航空機の挑戦は、自動車に次ぐ基幹産業として成長が見込まれる航空機産業の将来を左右する重責を担う。私はこれまで電機や自動車など製造業を取材してきたが、日本のものづくりが深みを増す上でMRJには大きな価値があり、事業を成功に導いてほしいと考える。

 MRJは2008年、三菱重工が事業化を決定。二酸化炭素排出や騒音を抑え、燃費性能を従来機より2割向…

この記事は有料記事です。

残り1591文字(全文1834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです