メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 「中根」の目・データが語る 私大の科研費新規採択率1位 立教大

 研究者の活動を支援する「科学研究費補助金(科研費)」は年間2000億円以上。日本の基礎研究を支える国の競争的資金の一つだが、新規応募件数約10万件に対して、採択率は約3割と狭き門になっている。

 採択率の高い大学・研究機関では独創的、先進的な研究をしている若手研究者が育っているといえる。上位には国立の大学・研究機関が並び、今年度の採択率トップは一橋大(採択率55.6%)。このほか、国立情報学研究所といった国立の研究機関が並ぶ。

 近年、採択率をアップさせている私立大に絞ってみると、トップは全体でも2位の立教大。以下、専修大、日本女子大、関西学院大、南山大などが続く。立教大や専修大などは人文社会系で高い実績を上げている。【毎日新聞大学センター長・中根正義】

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄知事の日替わりマスクは妻の手作り10種類 「あれが2枚なら欲しい」の声も

  2. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  3. 感染遺体、難しい取り扱い 「葬儀体制が崩壊」…危惧する業者、独自に自衛

  4. 石川県知事が「全面方針転換」 首都圏から訪問、自粛要請 県内でクラスター発生

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです