メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

骨粗しょう症

発症関与の遺伝子確認…マウス実験で

 骨がもろくなる骨粗しょう症は、骨を修復する細胞の集まりが悪いと起きることをマウス実験で確かめたと、東京医科歯科大の野田政樹教授(分子薬理学)らのグループが米科学アカデミー紀要(電子版)に発表した。発症の仕組みの解明や治療薬の開発につながる可能性があるという。

 骨粗しょう症の人は国内に約1000万人…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文361文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです