大学生就活

解禁を6月1日前倒し正式決定 経団連

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 経団連は7日、会長副会長会議を開き、大学生らを対象とした採用指針を改定した。2017年春入社の大学生らについては面接などの選考活動の解禁を、8月1日から6月1日に前倒しすることが正式決定した。指針は、授業に配慮して面接を土日や夕方に実施することも呼びかけている。

 榊原定征会長は7日の記者会見で「今年の採用活動では、学生、大学、企業の三方が損をした。新指針によって問題点が改善されることを期待したい」と述べた。

 経団連は今年、指針を改定して説明会などの広報活動を前年12月から3月に、選考を4月から8月にそれぞれ繰り下げた。しかし、学生にとっては説明会から内々定までの就職活動が長期化し、指針を守らず選考を抜け駆けする企業も相次いだため、1年で再改定することになった。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文540文字)

あわせて読みたい

ニュース特集