メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

世界初を目指すことの大切さを心に留めてほしい=<寄稿>川口淳一郎シニアフェロー

JAXAの川口淳一郎シニアフェロー=梅村直承撮影

 小惑星探査機「はやぶさ2」が3日に地球スイングバイを実施し、目的地の小惑星リュウグウへ向かう宇宙の大海原へこぎだした。初号機「はやぶさ」のプロジェクトマネジャーを務めた川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェローが、はやぶさの「遺産」を踏まえ、リュウグウまで2年半に及ぶ本格的な旅をスタートしたはやぶさ2の意義について毎日新聞にコメントを寄せた。

この記事は有料記事です。

残り1623文字(全文1804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  3. 日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです