メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

世界初を目指すことの大切さを心に留めてほしい=<寄稿>川口淳一郎シニアフェロー

JAXAの川口淳一郎シニアフェロー=梅村直承撮影

 小惑星探査機「はやぶさ2」が3日に地球スイングバイを実施し、目的地の小惑星リュウグウへ向かう宇宙の大海原へこぎだした。初号機「はやぶさ」のプロジェクトマネジャーを務めた川口淳一郎・宇宙航空研究開発機構(JAXA)シニアフェローが、はやぶさの「遺産」を踏まえ、リュウグウまで2年半に及ぶ本格的な旅をスタートしたはやぶさ2の意義について毎日新聞にコメントを寄せた。

 はやぶさ2がスイングバイを迎えた。それが、はやぶさの2回目の着陸の10周年の直後というのも感慨深い=(注1)。はやぶさ2の機会を残せたことは、感謝に堪えない=(注2)。はやぶさ2は「2(番手)」ではない。そう言わせていただいている。これが本番1番機だからだ。「2」を担うチームは大変だ。別に簡単になったわけじゃない。できて当然だと思ってほしくない。

 人材の育成は環境の提供があってこそ。習わせても人材は育つものではない。はやぶさ2の目的は、環境を提供することでもある。世界中を沸かせた欧州宇宙機関の彗星(すいせい)探査機「ロゼッタ」は片道飛行だ=(注3)。見た光景は新鮮だったが、探査という面では旧式だ。はやぶさは、往復しなくてはいけなかったからこそ新型のイオンエンジンを搭載した(注4)。目的はあくまで往復飛行だった。

この記事は有料記事です。

残り1262文字(全文1804文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. 増える経路不明「ぎりぎりの状況」 東京では感染者の半数以上 新型コロナ

  4. 飼い主から猫に新型コロナ感染 ベルギー 香港では犬の感染例

  5. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです