メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲府駅北口通路屋根

ガラスのひび周知せず 市が管理 /山梨

 甲府市が管理するJR甲府駅北口からつながる通路の屋根のガラスにひびが入っていたことが市への取材で分かった。市は10月1日時点でひびを確認しながら、利用者への周知などはしていなかった。管理する市道路河川課は「説明を掲示するなどの配慮が欠けていた」としている。

 市によると、ひびが見つかったのは、駅からつながる通路「ペデストリアンデッキ」のエスカレーター上部の屋根(高さ約14メートル)に設置されたガラス。天井には樹脂製のシートを挟んだ上…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです