メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おきゃくトーク

桂浜水族館で人気の「カワウソタイム」担当、谷川愛季さん /高知

桂浜水族館で人気の「カワウソタイム」担当の谷川愛季さん=高知市浦戸の桂浜水族館で、岩間理紀撮影

 来年で開館85周年を迎える、桂浜水族館(高知市浦戸)。長年地元から愛される同園の中でも、全国的にも珍しく人気のアトラクションが、さまざまな芸を披露するコツメカワウソと直接触れ合える「カワウソタイム」だ。担当する飼育スタッフ、谷川愛季さん(21)に思いを聞いた。【聞き手・岩間理紀】

 −−飼育スタッフを目指した理由は。

 ◆実は私は小学生まで動物が怖く、触ることもできませんでした。でもある日、保健所で処分される寸前の子猫を預かることになり、一緒に生活を送る中で、いつしか親友になっていった。人を成長させ優しい気持ちにさせるなど動物の持つたくさんの魅力をその時に知り、将来はそれを伝えたい、と。高校卒業後に和歌山県白浜町の動物公園「アドベンチャーワールド」内の「AWS動物学院」に進み、飼育員になるために必要な、動物の知…

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「独立性が揺らぐ事態 任命拒否はありえない」 吉川弘之・元学術会議会長

  2. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです