メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

モナリザ

3層の下絵 仏の研究者がデジタル分析

一番下に描かれた肖像画の下絵(特殊カメラで分析したデータを基に復元した)=林哲平撮影

 【上海・林哲平】レオナルド・ダビンチ(1452〜1519年)の名画「モナリザ」(フランス・ルーブル美術館所蔵)が3度にわたって描き直され、以前は別の女性を描いた肖像画だった可能性のあることが8日、フランスの光学研究者パスカル・コット氏の研究で明らかになった。上海で同日から始まったダビンチのイベントに合わせ、現地でコット氏が発表した。

 コット氏によると、2004年にルーブル美術館から招へいされ、館内で「モナリザ」のデジタルデータ化を…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文539文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです